人気ブログランキング |

いろいろ雑記してます 何かあれば 「inchikistation あっとまぁく yahoo.co.jp」 までどうぞ♪ ゆーちゅーぶ動画集 http://www.youtube.com/user/akapuku


by akapuku

カテゴリ:オーディオ( 49 )

HDD&DVDレコーダー

確か、はじめに録画可能なDVDの話を聞いたのは、ぼくが大学へ通っていた頃です。まだMDLPすら売っていなかった頃です。次に雑誌記事で読んだのは社会人1年目くらいの頃で、規格が定まっていないからもう少し登場に時間がかかると言うことでしたね。実際に登場したのはその記事からいくらか経過してからですが、お値段もすごくて手が出せませんでした。

月日は流れて2002年冬、年末。おもしろそうな機種だと思ったのが東芝RD-XS40です http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20021022/toshiba.htm これはネットから予約可能という便利機能がついていまして、自宅のブロードバンドルーターにちょいと細工すれば自宅外からWebを使った録画予約ができたりします。会社帰りの間際に観たいテレビを予約してます。

実際に使うと予想通り、テープ交換不要なHDDへの録画はとても楽です。残したい録画だけDVDへ逃がして、1度観て終わりな番組はすぐに消してしまいます。HDD容量不足は特に感じたことはないです。
by akapuku | 2004-04-23 23:38 | オーディオ

代わりのアンプ

ちょっと時系列が入れ替わってしまいましたが、数年前から5.1chのセット(アンプとスピーカで3万円くらいかな?)を買って使っていて、それの代わりを去年頃買いました。アンプはYAMAHAのDSP-AX630。上位機種が出て型落ち品で、だいぶ安く買えました。これに、通常の音楽再生用として2台目の真空管アンプをつないでいたというわけです。

代わりを探してみると、値段にして3万円台からパワーアンプが売ってます。これの上となるとあっというまに10万円超(新品)になってしまったりで手が出ません。2台目の真空管アンプをドナドナへ出しに行ったときに、パイオニアのAVアンプ(型番不明)とM-10という機種(そのAVアンプと一緒に使って、5.1ch + 2ch -> 7.1ch構成で鳴らすためが主らしい)が中古で置いてありました。

このM-10は、いっしょに置いてあった5.1chAVアンプ(どえりゃぁ高級機種!!)のアンプ部を2ch取り出したようなメカで、少なくとも、内部に使ってある部品はその5.1chアンプと同じだそうです。

さっそくお店で視聴です。所有のAVアンプと似た機種でAVアンプ側のアンプを使ったときと、M-10経由で鳴らした際を比べると、んまーこんなに違うんですねぇという音質向上が確認できました。

真空管アンプのドナドナ代と相殺で、持ち出し1万円くらいでM-10を買いました。これはよいお買い物ができました~♪
by akapuku | 2004-04-05 08:51 | オーディオ

2台目を組む

最初の真空管アンプキットを買ってからいくらか年月も経過していたのもあり、思い切ってもう1台組み立てることにしました。今回選んだのは、サンオーディオ製SV-6V6SE http://www2.big.or.jp/~sunaudio/sv/sv6v6se.html です。

前に組んだキットはプリント基板に部品を載せて半田付けすればだいたい終わりでしたが、今回のは基板はありません。部品同士を直接リード線で結ぶという方法です。作業は時間がかかりましたがしっかり楽しめたので満足です。音を鳴らそうとすると一つの部品から煙が・・・汗。どうも半田付けの位置を間違えていたようでそれを直すと、鳴りました(ほっ♪)。

今回のはさすがに余裕があるのかサウンド面は問題なしでしたが、真空管が初期不良で2度交換してもらいました。2回目の交換はキット添付のものより良質のものに化けてました♪ 真空管も生産メーカやクオリティの違いでお値段もピンキリなんですよ。

実はこのアンプ、数年間使ってましたがもう家にはありません。というのも、増田いずみ氏 http://akapuku.exblog.jp/m2004-03-01/#116366 のCDを聴いたら音が割れてしまうんです。

CDプレーヤ -> プリアンプ(代わりのAVアンプ。後日登場予定(笑))->SV-6V6SEとつないでいるんですが、識者の皆様からの情報では、AVアンプからのプリアウトが強いのと、氏の美声が入力レベル超えを招いてしまうとのことでした。確かに音量を下げれば割れなくなりますが、心地よい音量まで上げると割れてしまいます。メカ(アンプ)を変更しない限り改善不可と判断し、SV-6V6SEはドナドナへ・・・(売却)

さて、代わりのアンプを探さないと行けませんね(笑)。次回はこの話題も含めましょう
by akapuku | 2004-04-01 12:43 | オーディオ

お古のスピーカ

真空管アンプキットを組み立ててからしばらくして、お古のスピーカを入手しました。機種はパイオニア S-180III。今時は普及帯であまり見られない巨大3way式。ウーファ部のコーンは破損していたので自分で修理して今でも動作中です。

このスピーカはよい音を奏でてくれるのですが、なんせ本体が巨大で少々困りモードです。今売っているようなスピーカはだいたい2way式が主流のようですが、同じような音を奏でてくれる機種を見つけて、将来スペースに困ったときに(ちょい意味深♪)、買い換えですねぇ。

一応用語解説を。3way : 高音(ツイーター)・中音(ミッド)・低音(バス。ウーファ)と一箱にスピーカをみっつ入れる方式、または鳴らし方。2wayはツイータとミッドが一つになっていたりしてウーファだけ別の、見た目は2つのスピーカが一箱に入っている方式、または鳴らし方。

さて、スピーカが巨大になって以来、組み立てた真空管アンプ(出力2W×2)ではさすがに少々力不足かなぁと感じてきたのであります・・・
by akapuku | 2004-03-31 08:38 | オーディオ

組み立て式真空管アンプ

MDデッキを買って以来、バラコン一直線で音楽を楽しんでましたが、ひょんなことから、組み立て式の真空管アンプが売っているとの情報をもらいました。電子工作程度の半田コテ技術があれば組み立てられるそうなので早速挑戦♪ 買ったのはエレキットのTU-870 http://www.elekit.co.jp/material/japanese_product_html/TU-870.php?page=1&ssi=1 です。同時にオプションキットも買いました。

真空管って、ぼくの世代ではあまり目にしないデバイスというのもあって新鮮でした。チビの頃、空き地に捨ててあったテレビをぶっ壊して(笑)中からごろごろ出てきたのが真空管でした。それ以外は見た覚えがありません。

音の鳴り具合は、なんとなくほわほわ~んとして気持ちがいいです。今ではパソコンの音を鳴らすために使ってます。

アンプを交換すれば次に換えたくなるのがスピーカー(笑)。スピーカもひょんなことから入手しました・・・
by akapuku | 2004-03-23 08:44 | オーディオ

2代目MD

1代目のMDは、録音・再生型と再生型の2種類でした(その割に両方とも大きさはほぼ同じ)。ちょうど1年ほどして2代目MDプレーヤ(再生専用)が出ていたので、ちょうど大学へ合格したのもあって自分で自分向けに入学祝いとして購入(笑)。大きさはテープのウオークマンから面積を2/3くらいになった程度ですが、初期型と比べると恐ろしい小型化。バッテリは2時間もつようになったのでなんとかアルバム2枚聴ける程度に。最近のって何十時間もガム充電池1本で動き続けるから、技術の進化ってすごいんだなぁと。ちなみに当時は大学生でしたが、通学が片道2時間なのでバッテリが足りなかったんです(汗)。所属していた部活の部室で充電してました(笑)

ずっと使い続けた初代MDですが、値頃感のあった単体MDデッキ(45000円ほど。ケンウッドのデッキ。いわゆるバラコンです)を買ってからは、たまに車載する程度でだんだん使わなくなり、今はお部屋に飾ってます(ちなみに今でも、ディスク吸い込みがアヤシイ以外はちゃんと録音・再生できます)

バラコンのCDプレーヤ・MDデッキにアンプ内蔵型スピーカ(サテライト2発+ウーファ)という組み合わせですが、スピーカのショボも感じていたので中古でプリメインアンプ(定価3万、買値1万。いちおう山水)を買ってスピーカは姉のステレオセット(コンポとかいう呼び方が通っていた頃の。ソニーだとリバティーとかにあたるもの(姉のはテクニクス製でした。まだCDプレーヤがオプションでレコードプレーヤ標準装備))からひっぱがしたスピーカで、スピーカケーブルがへろんへろんの細いタイプがスピーカから直出しだったので改造して・・・という具合に割とまともなスタイルに変化したのは大学生終わりから社会人になったぐらいの頃ですね。

こんな感じで音楽を楽しんでましたが、意外なお誘いがかかることになります・・・
by akapuku | 2004-03-19 08:52 | オーディオ

録音できる円盤?



ある日新聞を眺めていると、経済欄に小さく書かれたニュースリリース。ミニディスクの発表でした。リリースを読んだだけでわくわくしてきましたが発売は先というのでのんびり構えてました。

CDより円盤が小さくて繰り返し録音OK。これを聞いただけでもう「買おう」と買う気満タン。当時買っていた雑誌にMDシステムの概要を説明した文章があったので読んでみてさらにわくわく。

そして発売日とお値段が決定したとのニュースが流れたときに筐体を見てびっくり。円盤は小さいけど本体はデカい・・・(まぁ初期型ですし)。お値段も定価79800円(録音・再生型)。でもがんばって買ってしまいました(笑)。学生してた当時は電車通学で、外出先でも聴きたくなりました。しかたなく、そのデカい筐体を持ち歩いてました。ちなみに充電池は80分しか持ちません(アルバム1枚分くらい聴いたらもう切れる)。メディアは74分が1枚1700円(ソニー)、他メーカはもう少し安かったです。また、MD発売当時は60分メディアしか売ってませんでした。74分メディアはMDシステム発売後2ヶ月くらいしてからようやく登場じゃなかったかなぁ。

今のようなCDとMDがいっしょになったデッキとかは当然ありませんから、デジタル録音をするために単体のCDプレーヤーを購入しました。ちなみにこのCDプレーヤ、そろそろ20年選手ですがまだ問題なく動いてます。これって、けっこースゴイ。

単体CDプレーヤを買ってからは、ラジカセのCD部も使わなくなりテープも使わなくなったので、この頃からラジカセを使わなくなりました。どんどんオーディオにハマりかけてますね(笑)。

さて、MDを買って音質劣化の少ない音楽を楽しんでいましたが、やっぱりデカい本体は重いのでなんとかならないかと考えてました・・・
by akapuku | 2004-03-17 08:50 | オーディオ

隣の芝は青かった!(笑)


ラジカセを買ってもらってから、周りも感化されたのか(?)友達もみんな買ってもらってました。自分のCDを友達のラジカセで再生させてみたりするんですが、常日頃から「あれ」と感じる点がありました。他人ので聞くと音が違う(だいたい、自分のよりよく聞こえる)点です。たぶん、使うオーディオ機器で音の鳴り具合が違うと気づいたのはこのときが初めてでしょう。

こういうのが気になりだしたときにもう1つ気になっていたのが、ラジカセ故にスピーカの位置と本体位置が同じになる点です。何かよい方法はないかと探してみると、スピーカ2つとウーファがセットになったスピーカ。今でも似たものは売ってますね。これを買ってラジカセにつなぎ始めたのが中学2年の頃くらいです。これはかなり感動でした。ラジカセ本体のスピーカはムダになってしまいますが、買い換えるよりはずっと経済的でしょう。スピーカが分離しているので自分の好きな場所へ置けるようになったのも助かります。音質もぐっとアップできました。

ラジカセでCDからテープへダビングしたものを外でも聞きたいのでソニーのウオークマンも買いました。WM-701Cという機種です。http://www.asahi-net.or.jp/~an4t-tkns/taro/walkman/1987.htm に絵がありました。フルリモコンで操作でき本体も小さく便利な一品でした。大須電気街まで親と買いに行ったなぁ~。ちょっと高めでしたががんばって買いました。

音楽生活どっぷりという感じで楽しんでいたボクですが、またしても気になる点がありました。テープへダビングすると音質が落ちてしまう点です(何10萬もするようなテープデッキなら劣化も少ないかもしれませんが)。

こればっかりはさすがにどうしようもないなと思っていたんですが、ある日新聞を見ると何やら気になるニュースリリースが載ってました・・・
by akapuku | 2004-03-11 12:41 | オーディオ
小学6年生の頃、はじめてラジカセを買ってもらったのが自分用としてのオーディオ第一歩です。型番はソニーのCFD-DW95(画像を探したんですけどさすがに見つけられません)。ドデカホーンというブランド名真っ盛りの頃ですね。今では信じられないバブリー時代のラジカセでお値段もすごかったですが中身もgoodでした。

低音用に専用スピーカを設ける発想もおもしろいですね。Wカセットでテープの操作も全部リモコンでできたのもうれしい点。その割にラジオは手回しのチューナー、入力切り替えもメカ式のスイッチでしたのでもう少しがんばってくれればという点も。

出力は確か3W+3W+6W(低音用)、ちゃんと低音用にエンクロージャも設けてあり(その割にメインSPはエンクロージャがない)、素人ながらちゃんと作ってるなぁと感心。

さて、このころのソニーラジカセにはヘッドフォン端子が2個存在しました。片方はヘッドフォンを差し込んでもスピーカからは音が出っぱなし。これは、オプション扱いだったサラウンドスピーカ&アンプのセット(1万円くらいだったかな?)に音を入れるための端子だったんです。

ちなみに今はそのサラウンドスピーカ&アンプのセットだけが残ってます(汗)。未使用ですけど、たぶん動くでしょう。

ライン入力と(なぜか)CD音声だけのラインアウト端子もついてました。入力は役立ちますがCD音声だけアウトさせても使い道は「?」。結局何のための端子か不明なままです。

このラジカセは何年も使いましたが、ある日を境にいろいろ変化が発生していきます・・・
by akapuku | 2004-03-10 08:36 | オーディオ