いろいろ雑記してます 何かあれば 「inchikistation あっとまぁく yahoo.co.jp」 までどうぞ♪ ゆーちゅーぶ動画集 http://www.youtube.com/user/akapuku


by akapuku

はじめて買ってもらったオーディオ機器

小学6年生の頃、はじめてラジカセを買ってもらったのが自分用としてのオーディオ第一歩です。型番はソニーのCFD-DW95(画像を探したんですけどさすがに見つけられません)。ドデカホーンというブランド名真っ盛りの頃ですね。今では信じられないバブリー時代のラジカセでお値段もすごかったですが中身もgoodでした。

低音用に専用スピーカを設ける発想もおもしろいですね。Wカセットでテープの操作も全部リモコンでできたのもうれしい点。その割にラジオは手回しのチューナー、入力切り替えもメカ式のスイッチでしたのでもう少しがんばってくれればという点も。

出力は確か3W+3W+6W(低音用)、ちゃんと低音用にエンクロージャも設けてあり(その割にメインSPはエンクロージャがない)、素人ながらちゃんと作ってるなぁと感心。

さて、このころのソニーラジカセにはヘッドフォン端子が2個存在しました。片方はヘッドフォンを差し込んでもスピーカからは音が出っぱなし。これは、オプション扱いだったサラウンドスピーカ&アンプのセット(1万円くらいだったかな?)に音を入れるための端子だったんです。

ちなみに今はそのサラウンドスピーカ&アンプのセットだけが残ってます(汗)。未使用ですけど、たぶん動くでしょう。

ライン入力と(なぜか)CD音声だけのラインアウト端子もついてました。入力は役立ちますがCD音声だけアウトさせても使い道は「?」。結局何のための端子か不明なままです。

このラジカセは何年も使いましたが、ある日を境にいろいろ変化が発生していきます・・・
[PR]
by akapuku | 2004-03-10 08:36 | オーディオ