いろいろ雑記してます 何かあれば 「inchikistation あっとまぁく yahoo.co.jp」 までどうぞ♪ ゆーちゅーぶ動画集 http://www.youtube.com/user/akapuku


by akapuku

カテゴリ:ラジコン ブリザードEV( 3 )

うちにはいろんなRC達がいますが、異色度(笑)がもっとも大きいのは京商のベルトビークル、ブリザードEVでしょう。

ベルトビークルには新車(笑)も出たことですし、少しはオーナーさんが増えるかな。

さて、「ブリザード EV、EPブリザードDF-300、ニトロブリザード、GPブリザードDF-300 限定!走行会(笑)」 なんて企画したら、どれくらい集まるんでしょうねぇ・・・

ちなみに企画以前に人が来るかもさっぱりなので、アンケート程度に。実際に行うかも未定。会場は・・・うちの近所の草むら(三重県)。民家ゼロなのでGP式も問題なしです。

新型ブリのパッケージ、模型屋で見ました。白が基調で今風になって新鮮だ! EP1台・GP1台づつ置いてありました。

もう少し人が集まりそうなものとして、TXT-1・クラッド限定!クローリングRC走行会もやってはみたいです。会場はこれまた三重県。クローリングRCにとってサイコーな公園がありますから。
[PR]
by akapuku | 2006-03-27 22:00 | ラジコン ブリザードEV


ブリザードEVで遊んでいて、いくつか研究してみました。 これ~

1)ハの字対策

最前方の車軸が動軸になってますが、この動軸を支えるのは1本のネジと厚さ2ミリ(2.5ミリかも)の金属板シャシー(アルミと思います)。

少しガンガンに走らせると金属板が曲がってしまい、前から見ると車軸がハの字になってしまいます。車軸がゆがむと、動力を供給するチェーンとの距離が変化して、チェーンが脱落。

ううむ・・・ハの字に曲がってしまわなければ問題ないわけですから、つっかえ棒を装着して解決。

つっかえ棒対策は、上のURLに載っている「EPブリザードDF-300」の写真を見て思いつきました。車体前方に金属棒がありますよね。これがおそらく、つっかえ棒になっていると思います。

EPブリザードDF-300についてるつっかえ棒(?)は、ぼくが持っているブリザードEVにはついてません。どうも新型で改良されたようです。

つっかえ棒は、ここ~で載せたロッドをパイプカッターで適切な長さに切って、両端にネジ(市販ネジの頭を落として、両ネジにしたもの)をつけただけ。車体と接するところにはワッシャー1枚。車軸二つで両側から挟んで締め込みますから、ハの字に開こうとする力も抑え込むという具合。

ハードに走行させてみましたが、ハの字に曲がることは全くなくなりました。これはオイシイまいう~チューン♪

2)モーター

14.4V駆動 させるとモーターが焼けやすい、というより何度も焼いちゃいました。ギヤ比をちょっと上げると焼けちゃうし、ギヤ比を落とすと遅すぎてつまんないです。

というわけで7.2V駆動(または8.4V駆動)にして、モーターをヨコモのプロストックII(13T)に変更。ピニオンは純正と同じにしました(18T)。

この状態だとモーターが焼けることもなくガンガン走ります。スピード感もあり、爆走♪ バンプ(笑)に突っ込むとちょっとだけジャンプします。
[PR]
by akapuku | 2006-02-27 08:49 | ラジコン ブリザードEV
大昔、組み立て式ラジコンを最初にやり始めた頃に京商のカタログを眺めては「いつかこれほしいな」と思っていたのが、ベルトビークルシリーズの「ブリザードEV」「ニトロブリザード」です。 これ~

ほしいなと思っても、なぜか店頭で見かけません。あとで分かったんですが、年に1回か2回くらいしか再生産されていないようです。電気式のブリザードEVか、エンジン式のニトロブリザードか、どちらにしようか悩みました。

考えた結果、余らせているEジーラのアンプを積んで、14.4V仕様でパワーを稼げばいいと判断し、ブリザードEVにしました。

※元々抵抗式スピードコントローラーがついてますが、今時スピコンはちょっとねぇ・・・

メカを積んだ様子はこうです。抵抗式スピードコントローラーをひっぱがした付近にEジーラのアンプを積みました。モーターの配線は足りますが、バッテリーの配線は長さが足りません。ケーブルを足して対処です。

a0005899_22542859.jpg



14.4V駆動にはそれに見合ったモーターが必要です。といっても高価なものではなく、模型屋で1500円程度で売られているモンスター550モーターや、550GTモーターで十分でしょう。どちらも14.4V駆動を前提にしている設計なので大丈夫です。

ちなみに標準添付のモーターで14.4V駆動させたら、まもなくモーターから煙が出ました(汗)。

550サイズのモーターを積むに当たって、シャシーが干渉します。(黄色の丸で示した部分)
a0005899_2259097.jpg

干渉しないように削り取ります。

メカ付近のアップです。
a0005899_22593630.jpg

Eジーラのアンプは「耳」を切り落とせば、ステアリング用サーボとギリギリ干渉せずにこの場所に置けます。

さて走りっぷりですが、さすがキャタピラー式ですね。登坂力が異常にスゴいです。動画を準備しました。 雪上を爆走! ←いったんディスクに保存してから再生してください。ファイルサイズは1メガ半程度です。

軸受けのベアリングですが、デフギヤ周りには入れる方がよさそうです。というのも、ベアリングを入れようと分解した時に見つけましたが、メタルで支えられているシャフトが1本、2/3位まですり減ってました。走行時間から考えると減りが大きいです。

ピニオンギヤは、今のところ標準品です(18T)。ギヤピッチは48ピッチですから、EPツーリングカー向けの豊富なピニオンから選べます。もう少し歯数が多いピニオンへ変更しても大丈夫そうです。

スパーギヤも、ツーリングカー向けのものがそのまま使えました。安くて耐久性も申し分ないキンパラ製のに変更しました。
[PR]
by akapuku | 2006-01-03 23:04 | ラジコン ブリザードEV