いろいろ雑記してます 何かあれば 「inchikistation あっとまぁく yahoo.co.jp」 までどうぞ♪ ゆーちゅーぶ動画集 http://www.youtube.com/user/akapuku


by akapuku

TXT-1のプロペラシャフトを延長するために、トラックジーラツインのドッグホーンを流用してみる


先日、ここ~で書いたプロペラシャフトの延長。工作自体は簡単なのですが、欠点がありました。

トルクもりもりのTXT-1に樹脂パーツが負けちゃうんです。組み上げてある程度経過すると、ヨーク部は負荷がかかってぐにゃり。そしてまもなく、ポキッ。壊れる頻度が多いので、安い部品とはいえあまり壊れるのも困ります。

そうなると金属パーツでうまいこと長さが合うものを見つけるしかないなぁとパーツ箱を眺めること数分。TNXのジョイントカップがTXT-1のヨークとして、ポン付けできそうな気がしました。


これがTNX用ジョイントカップです。
a0005899_2218013.jpg



中身は、ジョイントカップ本体にジョイントが空転しないようにするための短いシャフト(*1)、その短いシャフトが飛んでしまわないようにするためのクリップ(*2)、クリップが動いてしまわないように固定する熱収縮チューブ(*3)。
a0005899_22193088.jpg



TXT-1の車体には、元々シャフト部に穴が開いています(写真中央のシャフト内)。
a0005899_22343854.jpg



ここへジョイントカップを入れて、短いシャフト(*2)で固定すればいいなと思ってやってみると・・・なんと。短いシャフト(*2)がTXT-1の車体側の穴より、ほんの少し太いんです。


ここまでかーと部品箱を眺めることさらに数分。目に入ったのは、サベージのホイールハブを空転しないようにするためのシャフト。


このシャフトをTXT-1のシャフト部へ入れてみると・・・ピッタリ。固定できた様子が、この写真。サベージのホイールハブを固定するシャフトの太さより、TNXのジョイントカップにつけられている固定用の穴の方が若干広いため、少しですがガタが出ます。

このガタが走行に影響するようだとマズいですが、低速走行のせいか気になりませんでした。

a0005899_22231939.jpg



ジョイントカップ同士を結ぶドッグホーンは、あらかじめ長さを計測して模型屋へ行って、何か見つかればいいなと思うこと数分。

トラックジーラツインの143mmシャフト。これがいけそうでしたので、流用します。うちのTXT-1は車高を上げたりするためにサスを延長していますが、うまいこと143mmシャフトが流用できました。

サスがノーマル状態だと必要となるドッグホーンの長さが違いますが、同じ技(例 ノーマルのサベージ用のドッグホーン)が流用できるのではと考えています(残念ながら未実験です)。

a0005899_222913.jpg



さて組み上げてみると、ちょっとドッグホーンが長かったようでジョイントカップに干渉します。うちのTXT-1はパイプを2本つなぎ合わせてサスを延長しているので、延長している部分にナットを入れて長さを微調節しましたところ、干渉もなくなりとてもいい感じ♪


今のところ破損もなく順調です。


純正と同じサスであれば、サスのパイプとロッドエンドの間にナットやカラーを入れて長さ調節をすれば、数ミリなら調節可能と思います。
[PR]
by akapuku | 2005-05-11 22:32 | ラジコン TXT-1